尿失禁の症状に合わせて対策をすると改善が可能です

症状が異なる

落ち込む女性

年齢によって排泄機能に衰えを感じる人もいるでしょう。加齢によって体の機能が衰えてしまうと、正常な働きができなくなってしまいます。そのため尿失禁を引き起こしてしまい、十分な排泄をすることが困難になるのです。尿失禁の症状は4つに分類されます。まず1つ目が切迫性尿失禁です。普段の生活の中で突然尿意を感じてしまい、お手洗いに間に合わず漏らしてしまう症状で、高齢者に多い症状でもあります。2つ目は腹圧性尿失禁で、女性が引き起こしやすい失禁です。お腹に力を入れることで膀胱が圧迫され、尿が出てしまうのです。重いものを持ち上げた時や、急な運動によって起こるものになります。3つ目は溢流性尿失禁で、男性に起こりやすい症状です。前立腺肥大や糖尿病の症状によって尿が出にくくなります。これによって膀胱が腫れてしまう場合もあるので、すぐに治療する必要があるのです。そして4つ目は機能性尿失禁で、正常な排尿機能でも認知症によってお手洗いの場所が探せないといった場面で漏れてしまうことを言います。この場合、定期的にお手洗いの場所を確認させることが改善に繋がるのです。このように4つの種類に分類される尿失禁ですが、症状に合わせて対策をすることが重要になります。
突然の尿漏れには、失禁ショーツやオムツを使うと良いでしょう。普通の下着と変わらないものが多いため、女性でも対策しやすいのです。症状が酷く、深刻な場合は泌尿器科へ受診しましょう。悩みに合わせ治療をするので、すぐに改善することが可能です。

すぐに受診する

ナース

排泄機能の衰えによって尿漏れをしてしまう人は多いですが、我慢せずに泌尿器科へ受診することが改善への近道です。新宿の泌尿器科では患者の悩みに合わせた治療をしてくれるので、足を運んでみましょう。

詳細へ

女性の悩みに対応

女医と看護師

女性を中心に悩む人が多い膀胱炎ですが、埼玉の泌尿器科なら初めての受診でも安心して通えます。悩みや症状に合わせた治療方法やアドバイスをしてくれるので、症状に苦しんでいる人は受診してみましょう。

詳細へ

初めての人でも安心

病院

泌尿器科では排泄機能の悩みや、女性が抱える膀胱炎の症状といったものを改善します。泌尿器科へ行くことに抵抗を感じる女性もいますが、新宿の病院では完全予約制などの取り組みを行っているので安心して受診ができます。

詳細へ